top of page
検索
  • sakaefreudechor

練習再開に際してのフロイデガイドライン

更新日:2020年10月9日

2020年8月31日

栄フロイデ・コール団員の皆さんへ

練習再開ガイドライン

9月7日からの練習再開にあたり、団員それぞれが日常生活で感染しない、練習にウイルスを持ち込まないことが最重要となります。次のことにご協力をお願いします。

1.団員が日常的に気をつけること

 ①日常の健康管理

  ・検温・記録をお願いします。(平熱を把握する)

   記録を練習にお持ちいただく必要はありません。平熱で体調にお変わりなければ、練

   習にお越しください。ただし、コロナ感染者の濃厚接触者や同居ご家族に発熱等ある

   場合は、参加を自粛してください。

 ②感染症の予防

  ・最大の感染機会である人同士の接触を減らすため、不要な外出・遠出、特に人混みを

   避けるよう心掛けましょう。

  ・手洗い、うがいを心掛けましょう。

  ・マスクの着用は、人との距離を保つことが難しい場合や屋内においては着用すること

   が望ましいですが、熱中症などには十分に注意しましょう。

2.練習参加にあたって

 ①マスクは常に着用してください。マスクを外しての私語は厳禁です。

 ②入室前に、手指消毒・検温をお願いします。

 ③練習はマスクを着用したまま行います。

  前後2メートル以上、隣とも1メートル以上の距離をお互い保つよう、ご協力をお願し

  ます。当日の配列表を参照ください。

 ④休憩時にドアを開けて換気を行います。

 ⑤休憩中の注意

  会場内での飲食は厳禁です。ホワイエ等でお飲みください。

  休憩時のおしゃべりは感染の元になりますのでおやめください。

  また、おやつを配ったり、マスクを外したりしないでください。

  トイレに行った場合など、席に戻る時も手指毒をお願いします。

 ⑥練習終了後、手指消毒をしてお帰りください。

  練習会場周辺での長い立ち話・会食はおやめください。

3.PCR検査で陽性なった場合、すぐ事務局までご連絡ください。

     (このガイドラインは、全日本合唱連盟、東京都合唱連盟、横浜市、近隣の  

      練習会場等が発表している内容を参考に作成しました。)

最大限の予防措置で練習を再開しますが、感染リスクがなくなるわけではありません。

それでも、コロナ感染を心配される方や健康面に不安を感じる方は、無理をせずコロナ

収束まで休団されても構いません。(次の発表会は、2022年5月です)

                              <事務局> 前川

閲覧数:158回1件のコメント

最新記事

すべて表示

5月13日の練習

今日はSAKAESAでの練習です。ローレライと富山に伝わる三つの民謡を練習しました。 ローレライ:冒頭の(なじかは)の(な):何回も言われているように日本語の(な)になっている。Na:拍の直前に子音Nを発し母音aを響かせる。心の時計のテンポ感も気をつけて。(1題目、しーらねーど、2題目。おーとめーの)(ねーど)(めーの)はポルタメントでひきずるのは無し。ブレスの間に音が切れないように、(はーゆるー

5月6日の練習

本日の練習は公会堂リハーサル室でした。いつもの練習場所と違うので焦ったという声がちらほら聞こえました。 発声練習では練習会場が違うと響き方も異なり、この部屋を鳴らせてないとご指摘があり、基本の横隔膜を叩いて発音してその声を喉でおすのではなく息をおくって空間に響かせていく意識で練習すると、すぐさま固い声から優しい音色に変わり団員の声がまとまり部屋も鳴り出しました。 「ふるさとの四季」を通しての評価

4月22日の練習

プラザホールでの1か月ぶりの練習です。[ふるさとの四季]の歌から、[富山に伝わる三つの民謡]、[アニーローリー]と演奏会プログラムの全曲を部分部分の修正をやりながら歌いました。 [ふるさとの四季]では、一つ一つの歌にそれぞれ性格があり、こういうところを聴いてほしいという思いをもっと強く、やりすぎにちかいところまで出したいとの講評がありました。 個別には【春の小川】は冒頭の(はーるの)の春が感じられ

1 Comment


sunkiyomaru61726chie
Oct 09, 2020

「人生は思い通りにならないもの。どんなことでも起こり得るもの」と受け止めよう。

「テルマエロマエ」の作者漫画家のヤマザキマリの戦争を経験した世代のお母様の言葉

Like
bottom of page