top of page
検索
  • keichiku2001

5月20日の練習

 本日はプラザホール舞台での練習でした。富澤先生が「練習はしませんよ!演奏をしましょう!!」と仰り、演奏会1部「ふるさとの四季」を通しました。

 「懐石料理のような曲にしたいんですよ。一つ一つが少量(短い曲)だけど、非常にこだわっているように、一つ一つをもっと食べたい(聞きたい)になるには、一つ一つの音にこだわり、響きのニュアンスを明瞭にしたい」「声を出す前に、どんな発声、発音、響きをだしたいのかイメージして、その体を用意して始めましょう」と仰いました。「のばしの音が指揮者が手を残しているのに歌が終わって自分が間違っているのか指揮者を不安にさせないように」とも。結局いっぱいいっぱい先生が語ってくださって歌う気持ちを作ってくださり、最後は団員の体が気持ちで動いているのが分かり、私自身、心が自分を歌わせている感覚になり、合唱団として思いを伝えている演奏になっているのではないかと思えました。時々奇跡のような魂の演奏ができる栄フロイデ・コールが魅力的で大好きです。そして練習最後に第2回演奏会プラグラムの意味が語られました。


【故郷】ト長調ソシレをイメージしてから歌う。3拍子として歌わない付点二分音符を一     つの塊としてとらえる。1段目Sop.のソラシドレの音型が見えるように。

【春の小川】ニ長調レ、ファ♯、ラをイメージしてから歌う。(前曲ト長調と違うからメ     イクを変えるぐらい変わって)Ten.春の日差しを表していると思って。

【鯉のぼり】男声は俺たちの歌だと思って

【村祭り】Donの発音舌先と横隔膜使う。226、230小節目のクレッシェンドフルパ     ワーで。

【紅葉】変イ長調ラ♭、ド、ミ♭をイメージして!紅葉の美しさをその最初の音だけで魅     せる。男声239小節目あきの と241小節目やま は同じラ♭ドミ♭だから     同じ響きで。

【故郷】ト長調(ソシレ)いかに i Ka 母音を同じ響きに。3番志しの2小節前のピアノ     のアッチェレランドを歌いても感じ取って3番に入る。Sop.水は清き故郷は全員     で歌わない。

【こきりこ】イ短調をイメージしてから「つれづれ」 Sop.歌っもの音程不安定明確     に。コーダ小節ごとに和音,調が変わる、指揮者も踊りますから私が恥ずかしく     ならないように変えてくださいよ!F(ファラド)Dm(レファラ)B(シ♭レフ      ァ)As(ラ♭ドミ♭)Des(レ♭ファラ♭)C(ドミソ)!最後のハ長調が半音     下がった調になると感じられると高くても苦しくないでしょう!

【ローレライ】ニ長調(レファ♯ラ)この音だけでゾクゾクするNa母音に。

【アニー・ローリー】ピアノの3小節目の和音が変わってキュッときますよね。その音楽     を体で感じての最初の音アの響きを。付点の感動が顔をだす感じを忘れずに。

    夏は♭5つの変二長調。


第2回演奏会のプログラムは長く歌い継がれた曲を集めました。

その素晴らしさを伝える演奏会にしたいと思っています。


本番まで後4回の練習になりました。次回から本番の並び方で練習します。



閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

7月1日の練習

第2回演奏会を無事に終え、もう第3回演奏会を目指して練習がスタートしました! 団員に新譜、小林秀雄作曲「落葉松」と中田喜直作曲「日本の四季の歌」の2冊を配布しました。 そして10月20日の栄区の合唱発表会にこの曲を発表したいと考えていると富澤先生がおっしゃってP.32「落葉松」から練習に入りました。 先生が「落葉松」をこの合唱団で第一に実現させたいのは4分の4拍子で演奏できること。多くの団体が8分

6月17日の練習

本番と同じホールで豪華なゲネプロを行った。第1回演奏会後のコロナ禍を経ながら今日をむかえたのだ。歌への情熱と歌える環境を作る工夫があって団が存続できたからだ。 この情熱が自分達もお客様も先生も満足できる演奏会になれたらと強く思う。1曲目の兎の「う」のハーモニーを出せるように頑張りましょう!! そしてゲネをした自分の反省を本番までの5日間とりあえず何とかしようと試みたという事実を作って頑張ったという

6月10日の練習

6/17リリスでのGPを残して演奏会まで最後の練習です。 「ふるさとの四季」から「富山に伝わる三つの民謡」、「ローレライ」を通しで歌いました。 ご指摘を受けた個所を以下にあげます。 ➀[故郷]: 出だしの(うさぎ)の(う)が良くない。母音の響きを横隔膜でつくる。一曲一曲の立ち上がりの音を大切に。 ②[春の小川]:(すみれや)の(れ)が低い、歌う一瞬前に高いという意識をもつ。 ③[鯉のぼり]:(たか

Comments


bottom of page