top of page
検索
  • keichiku2001

1月23日の練習

 富澤先生のご指導で「ふるさとの四季」全曲と「ローレライ」「峠の我が家」を歌いました。いつもながら、注意されれば見違えるような演奏ができるのに、スタートラインがいつも低いのはどうすればよいのだろうと、自分の楽譜の書き込みをみて、前回も言われていたと気が付いて、その書き込みを見るまでは「先生は今日も素晴らしいことをおっしゃっている」と思っている自分です。先生ご指摘の♦課題に対して自分の為に次回の練習に向けて具体的にどう臨むのかを書いてみたいと思います。

♦心の時計問題はいつもの事ですが。

 心という言葉のイメージで静的なカウントの取り方になっているかなと、もっと体の中に躍動する周期を感じて歌いたいと思いました。つい楽譜を見てピアノの音に合わせて歌ってしまっています。先生の手の周期が自分の体が上下に動くくらいの躍動感をもってとらえたいと思います。

先生曰く 「ブレスや休符でカウントが止まっている」「光と音のスピードは違うから」「心の時計が合えばほとんどの問題は解決する」「同時に出た音は共鳴する」

♦曲の特徴表現

 様々な曲が入っているメドレーなのに、いつも前の曲をひきずった演奏になっているとご指摘を受けます。先生曰く「次曲の始まりは歌いはじめではなく前曲を歌い終わったところ」と心得て心の時計を合わせて周期を作ったらその曲での表現すべきことをばっちりイメージして歌いたいと思います。

(故郷)頭に野原を駆け回わる幼い自分の情景と懐かしむ気持ちでいっぱいにして

    それをソシレの和音の明るい響きの音量Pを頭に持って歌い始めたい

と思って楽譜を見たら曲頭に編曲者の源田先生がそれぞれ書いてくれていました。

それ+楽典的に何が変化しているのかメモします。   

(春の小川)なめらかにSmoothly   2拍子に変化 Ddur

(朧月夜)ゆったりとGently     3拍子 Dur

(鯉のぼり)いさましくBravely    4拍子 Gdur

(茶摘み)軽やかにLightly      2拍子 Gdur

(夏は来ぬ)すがすがしくFresh and clean 4拍子 Dur

(我は海の子)堂々とWith dignity     2拍子 Fdur

(村祭)元気よくVigorously        2拍子 Gdur

(紅葉)きよらかにPurely         4拍子 Asdur

(冬景色)たんたんとSimply       3拍子 Gur 転調 Esdur

(雪)はしゃいでCheerfully        2拍子 Gdur

(故郷)3拍子2番しみじみとWith feeling Gdur 3番おおらかにGenerously  Asdur

富澤先生がこんなにハートフルな演奏ができるは合唱団は世界広しといえども栄フロイデ・コールとはっきり仰ってくださったような♡歌いこみに入ったので本番がいつきてもいいように頑張りましょう!

閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

5月13日の練習

今日はSAKAESAでの練習です。ローレライと富山に伝わる三つの民謡を練習しました。 ローレライ:冒頭の(なじかは)の(な):何回も言われているように日本語の(な)になっている。Na:拍の直前に子音Nを発し母音aを響かせる。心の時計のテンポ感も気をつけて。(1題目、しーらねーど、2題目。おーとめーの)(ねーど)(めーの)はポルタメントでひきずるのは無し。ブレスの間に音が切れないように、(はーゆるー

5月6日の練習

本日の練習は公会堂リハーサル室でした。いつもの練習場所と違うので焦ったという声がちらほら聞こえました。 発声練習では練習会場が違うと響き方も異なり、この部屋を鳴らせてないとご指摘があり、基本の横隔膜を叩いて発音してその声を喉でおすのではなく息をおくって空間に響かせていく意識で練習すると、すぐさま固い声から優しい音色に変わり団員の声がまとまり部屋も鳴り出しました。 「ふるさとの四季」を通しての評価

4月22日の練習

プラザホールでの1か月ぶりの練習です。[ふるさとの四季]の歌から、[富山に伝わる三つの民謡]、[アニーローリー]と演奏会プログラムの全曲を部分部分の修正をやりながら歌いました。 [ふるさとの四季]では、一つ一つの歌にそれぞれ性格があり、こういうところを聴いてほしいという思いをもっと強く、やりすぎにちかいところまで出したいとの講評がありました。 個別には【春の小川】は冒頭の(はーるの)の春が感じられ

Comentarios


bottom of page