top of page
検索
  • isamumaekawa

10月2日の練習

合唱祭まであと2回ということで、皆さんの熱がこもった充実した練習になりました。「こきりこ」では3か所を歌いこみました。

(1)32p「つれづれに」のオクターブ高いれ(re)何回も指摘されている語頭の子音rが低くなる日本語の癖を修正する。「こえをひそめてうたったものか」は平家の落人の苦しみを感情をこめて歌うこと。最高の音程と最高の音があっても、いわば贈り物の包み紙が立派であって中身は空っぽでは意味がない。ハートが入っていなければならないと指導されました。

(2)30Pの2段目からの6小節は先頭の音の和音の変化を楽しんで表情を変えて歌うこと。

デデレコデンのdeの母音eを豊かに伸ばして、各パートで作られる和音の変化、「ラミドラ」(イ短調)「ドラドファ」(ヘ長調)「レファラレ」「ド嬰ファラ嬰レ」「ミ嬰ソシミ」「ミ嬰ソシミ」の和音の変化をdeの発生で何度も練習しました。デデレコデンを和音の塊として歌い合唱の響きの中にピアノの和音が支えている歌の構成を味わいました。

(3)36pのCodaも基本は(2)と同じく和音の変化を楽しみ表情も変えて歌うことを練習しました。「まどのさんさも」のma,「はれのさんさも」saの母音aを豊かに歌い上げてハ長からはじまりCodaのデデレコデンの和音の変化が出来ていることを意識して歌い最後にハ長に戻って歌い終わる。

「こきりこ」のあとは「ふるさとの四季」を通して歌い、「ローレライ」のローレライ、庭の千草、峠の我が家、アニーローリー、埴生の宿を歌いました。

当初、庭の千草、月の沙漠はやめようとの話でしたが、今回歌って庭の千草はものになりそうとの感触を持たれたようです。演奏会ではふるさとの四季から入り、富山に伝わる三つの民謡で全力を絞り、最後にローレライでしめ、埴生の宿をアンコール曲にする構成が良いのではとのアドバイスがありました。


閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

7月1日の練習

第2回演奏会を無事に終え、もう第3回演奏会を目指して練習がスタートしました! 団員に新譜、小林秀雄作曲「落葉松」と中田喜直作曲「日本の四季の歌」の2冊を配布しました。 そして10月20日の栄区の合唱発表会にこの曲を発表したいと考えていると富澤先生がおっしゃってP.32「落葉松」から練習に入りました。 先生が「落葉松」をこの合唱団で第一に実現させたいのは4分の4拍子で演奏できること。多くの団体が8分

6月17日の練習

本番と同じホールで豪華なゲネプロを行った。第1回演奏会後のコロナ禍を経ながら今日をむかえたのだ。歌への情熱と歌える環境を作る工夫があって団が存続できたからだ。 この情熱が自分達もお客様も先生も満足できる演奏会になれたらと強く思う。1曲目の兎の「う」のハーモニーを出せるように頑張りましょう!! そしてゲネをした自分の反省を本番までの5日間とりあえず何とかしようと試みたという事実を作って頑張ったという

6月10日の練習

6/17リリスでのGPを残して演奏会まで最後の練習です。 「ふるさとの四季」から「富山に伝わる三つの民謡」、「ローレライ」を通しで歌いました。 ご指摘を受けた個所を以下にあげます。 ➀[故郷]: 出だしの(うさぎ)の(う)が良くない。母音の響きを横隔膜でつくる。一曲一曲の立ち上がりの音を大切に。 ②[春の小川]:(すみれや)の(れ)が低い、歌う一瞬前に高いという意識をもつ。 ③[鯉のぼり]:(たか

Comments


bottom of page