top of page
検索
  • isamumaekawa

10月2日の練習

合唱祭まであと2回ということで、皆さんの熱がこもった充実した練習になりました。「こきりこ」では3か所を歌いこみました。

(1)32p「つれづれに」のオクターブ高いれ(re)何回も指摘されている語頭の子音rが低くなる日本語の癖を修正する。「こえをひそめてうたったものか」は平家の落人の苦しみを感情をこめて歌うこと。最高の音程と最高の音があっても、いわば贈り物の包み紙が立派であって中身は空っぽでは意味がない。ハートが入っていなければならないと指導されました。

(2)30Pの2段目からの6小節は先頭の音の和音の変化を楽しんで表情を変えて歌うこと。

デデレコデンのdeの母音eを豊かに伸ばして、各パートで作られる和音の変化、「ラミドラ」(イ短調)「ドラドファ」(ヘ長調)「レファラレ」「ド嬰ファラ嬰レ」「ミ嬰ソシミ」「ミ嬰ソシミ」の和音の変化をdeの発生で何度も練習しました。デデレコデンを和音の塊として歌い合唱の響きの中にピアノの和音が支えている歌の構成を味わいました。

(3)36pのCodaも基本は(2)と同じく和音の変化を楽しみ表情も変えて歌うことを練習しました。「まどのさんさも」のma,「はれのさんさも」saの母音aを豊かに歌い上げてハ長からはじまりCodaのデデレコデンの和音の変化が出来ていることを意識して歌い最後にハ長に戻って歌い終わる。

「こきりこ」のあとは「ふるさとの四季」を通して歌い、「ローレライ」のローレライ、庭の千草、峠の我が家、アニーローリー、埴生の宿を歌いました。

当初、庭の千草、月の沙漠はやめようとの話でしたが、今回歌って庭の千草はものになりそうとの感触を持たれたようです。演奏会ではふるさとの四季から入り、富山に伝わる三つの民謡で全力を絞り、最後にローレライでしめ、埴生の宿をアンコール曲にする構成が良いのではとのアドバイスがありました。


閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2月12日の練習

[ローレライ]をみっちり練習した後、[富山に伝わる三つの民謡]を通しで歌い大事なポイントを復習しました。 (ローレライ)では、冒頭の「なじかは」の(な)の母音アの立ち上がりがぼやけている。横隔膜をしっかり使って瞬時に(ア)を響かせることを指摘されました。どの歌も立ち上がりがポイントで体のスタンバイから拍子を打った瞬間には母音が響いていることは、これまでも幾度も指摘されていることです。 (峠の我が家

1月29日の練習

「越中おわら」 よがふける から練習に入りました。ここがソプラノにとって発声テクニックとして難しい箇所(チェンジボイス音域の弱音始まり)で絞り出したような声になって全体の出来を下げているところです。しかし今日の練習でここができるようになったことで、他のところにも影響して全体のレベルがまた一段上がった、または下げ幅が低くなったと強く感じました。 弱音発声の克服練習 ①    よの母音オを出しやすい音

1月22日の練習

今日は[富山に伝わる三つの民謡]のうちの(1.越中おわら)と[ローレライ]をみっちり練習しました。 (越中おわら)は歌うこと自体は出来ているが、どういう風にどういう声で歌うかを詰めいてゆきたいということで15pの[夜」(よがふける)を徹底的に掘り下げていただきました。冒頭の(よ)ですが、母音の(オ)で何度も練習しました。何度もこれまでご指摘の➀まっすぐ立って足をしっかり地面をつかんでいる②ブレスの

bottom of page