top of page
検索
  • keichiku2001

10月24日の練習

 今日も富澤先生の魔法にかかり、見違えるような出来栄えになる合唱団。

魔法は何故かかるのか、魔法の意味を団員一人一人の耳や心が感じ取り、それを頭が理解して体に命令するからかなと思う。音楽ってどれだけ素敵なんだろうと思わせてくれる指導者と団員に恵まれて、幸せな時間です。


【村祭り】ド―ンのDo は日本語の子音と母音が一緒に発音されるドではなくDは舌の先端で前歯の裏側を勢いよく突いて(みぞうちが動く)空気圧も感じさせるように、Oは子音に影響されない母音の響きで、この2つの要素で太鼓の響きをだす。全パートであたかも和音の太鼓の音が聞こえるようにを目指しましょう!

・Bass169~181までD音をのばしている意識でTenorの音の変化を楽しむ

・Tenor187の音は186のSop.からとる

・Hum.は口の中を丸くして歯をかまないで、和音でメロディーを支える気持ちで

 女声のG音A音D音はGとDの5度とDとAの5度としてとらえる

・195~4小節Sop.とTenorは完全一致を

・Sop.227はD音のセカンドSop.が主役

・227~のスフォルツァンド→メゾピアノ→クレシェンド→フォルテシモの強弱変化を


【紅葉】前曲と対照的に穏やかな響きが求められている。男声と女声がずれて入る形だが終わりは一緒なので4拍目のハーモニーが聞こえるようにを意識する(休符にしがち)。

・AltoあきのゆうひにAs C Esの和音のアルペジオ、和音の響きを感じて歌う

・Sop.てるやまの ま が遅れるのは心の時計が止まっているから

・Alto246から、いいメロディーをもらったと思って美味しく歌う

・Altoの253E音は上に上がる意識でSop.と同じ響きになるように


【冬景色】一つ一つの音を演奏するのではな、和音を作っているという意識を持って歌う 

・さぎりの さSop.とBass完全一致。 Sop.はGdurのⅠの和音を作る意識で

 さぎりの ぎ 鼻濁音で

 さぎり という単語として聞こえるように

・260の3拍目は短調の編曲になっている 

・264~266AltoとTenorの二重唱を楽しむ気持ちで

・275のBassからす 和音が感じられるように一つ一つの音に隙間をつくらない

・276ピアノのF音がぶつかるが不安にならないでぶつかった効果が感じられるように

・284Sopは.Es D  Des  Cの半音階として歌うのではなくDesはCisとしてCについ  

 ていると感じて歌う

閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

5月13日の練習

今日はSAKAESAでの練習です。ローレライと富山に伝わる三つの民謡を練習しました。 ローレライ:冒頭の(なじかは)の(な):何回も言われているように日本語の(な)になっている。Na:拍の直前に子音Nを発し母音aを響かせる。心の時計のテンポ感も気をつけて。(1題目、しーらねーど、2題目。おーとめーの)(ねーど)(めーの)はポルタメントでひきずるのは無し。ブレスの間に音が切れないように、(はーゆるー

5月6日の練習

本日の練習は公会堂リハーサル室でした。いつもの練習場所と違うので焦ったという声がちらほら聞こえました。 発声練習では練習会場が違うと響き方も異なり、この部屋を鳴らせてないとご指摘があり、基本の横隔膜を叩いて発音してその声を喉でおすのではなく息をおくって空間に響かせていく意識で練習すると、すぐさま固い声から優しい音色に変わり団員の声がまとまり部屋も鳴り出しました。 「ふるさとの四季」を通しての評価

4月22日の練習

プラザホールでの1か月ぶりの練習です。[ふるさとの四季]の歌から、[富山に伝わる三つの民謡]、[アニーローリー]と演奏会プログラムの全曲を部分部分の修正をやりながら歌いました。 [ふるさとの四季]では、一つ一つの歌にそれぞれ性格があり、こういうところを聴いてほしいという思いをもっと強く、やりすぎにちかいところまで出したいとの講評がありました。 個別には【春の小川】は冒頭の(はーるの)の春が感じられ

Commentaires


bottom of page