top of page
検索
  • isamumaekawa

10月3日の練習

昨年の12月20日以来の辻端先生のご指導でした。久しぶりでしたがお元気そうで楽しく練習ができました。

はじめに「ふるさとの四季」の冒頭より【われは海の子】までを通しで歌ったのち、あたらしく【村祭り】【紅葉】を音取り、パート練習、全体練習を行いました。

パート練習では歌えても全体練習になると特に休符の後の音が取りずらいところってありますよね。自信が無くて声が小さくなるのは一番いけない、間違っても大きな声でとおっしゃられますが、回数をこなして歌い慣れるしかありませんね。

この下期は、辻端先生が担当される練習が数回ありますので、プロのテノール歌手としての先生から少しでも技術をご指導いただけることが楽しみです。


閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2月12日の練習

[ローレライ]をみっちり練習した後、[富山に伝わる三つの民謡]を通しで歌い大事なポイントを復習しました。 (ローレライ)では、冒頭の「なじかは」の(な)の母音アの立ち上がりがぼやけている。横隔膜をしっかり使って瞬時に(ア)を響かせることを指摘されました。どの歌も立ち上がりがポイントで体のスタンバイから拍子を打った瞬間には母音が響いていることは、これまでも幾度も指摘されていることです。 (峠の我が家

1月29日の練習

「越中おわら」 よがふける から練習に入りました。ここがソプラノにとって発声テクニックとして難しい箇所(チェンジボイス音域の弱音始まり)で絞り出したような声になって全体の出来を下げているところです。しかし今日の練習でここができるようになったことで、他のところにも影響して全体のレベルがまた一段上がった、または下げ幅が低くなったと強く感じました。 弱音発声の克服練習 ①    よの母音オを出しやすい音

1月22日の練習

今日は[富山に伝わる三つの民謡]のうちの(1.越中おわら)と[ローレライ]をみっちり練習しました。 (越中おわら)は歌うこと自体は出来ているが、どういう風にどういう声で歌うかを詰めいてゆきたいということで15pの[夜」(よがふける)を徹底的に掘り下げていただきました。冒頭の(よ)ですが、母音の(オ)で何度も練習しました。何度もこれまでご指摘の➀まっすぐ立って足をしっかり地面をつかんでいる②ブレスの

bottom of page