top of page
検索
  • isamumaekawa

10月30日の練習

【四季の歌】、【富山に伝わる三つの民謡】、【ローレライ】と全曲通しで練習しました。富澤先生のご指導の主な点をまとめると以下の通りです。

【富山に伝わる三つの民謡】では、(越中おわら)と(むぎや)も(こきりこ)でのニュアンスが生きていてダイナミックと繊細なところが歌えている。ただし、たとえば(むぎや)の「もんやじいさんの」のところは春を願うわくわく感がもっと練習で出してゆきたい。

【ローレライ】では(ローレライ)冒頭の「なじかは」6/8拍子は2拍でうたうと1トット2トットの6拍子目から入る弱起で、リズム感をつかむには上から入ってくる感じで6拍めの「なじ」を強拍であるかのようにしかしアクセントを付けず弱拍でうたうことが必要。

(峠の我が家)は(こきりこ)で培ってきた単に音や言葉で歌うのではなく、何かを表現する、想いを届けることが全開になっていて素晴らしかった。

(アニーローリー)は良く歌えているが(峠の我が家)からはだいぶん落差がある。

(別れ)では、「おもいではつねにわれらの」のところは音程を口で作ると面白くない、お腹で作られる音程がきっちり聞こえてppで歌詞が流れてくるとわー綺麗となる。磨き上げてみたい小品。

(埴生の宿)では、冒頭の「はあにゅうの」の「はあ」の「あ」はのど元で歌いなおさず横隔膜で作られた「は」からつづく音程の「あ」で、なめらかに「はあ」とつづく「にゅう」も横隔膜の処理で音程をつくっていく、「やど」は言葉としてはっきり歌うところ。横隔膜で音程としてはっきりさせるところと言葉としてくっきりさせる部分の歌い分けが大事。「のどかなりや」の「ど」はこれまで何回も指摘された語頭の子音が低く出る日本語の癖をなおすこと。「どのどの」と歌うと「ど」がしっかり音程が作られる。

ご指導の一つ一つが納得され、これらをしっかり自分のものにしてゆけば、すごい合唱になりそうです。次回はむぎやを主体に歌いこむ予定です。

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

6月17日の練習

本番と同じホールで豪華なゲネプロを行った。第1回演奏会後のコロナ禍を経ながら今日をむかえたのだ。歌への情熱と歌える環境を作る工夫があって団が存続できたからだ。 この情熱が自分達もお客様も先生も満足できる演奏会になれたらと強く思う。1曲目の兎の「う」のハーモニーを出せるように頑張りましょう!! そしてゲネをした自分の反省を本番までの5日間とりあえず何とかしようと試みたという事実を作って頑張ったという

6月10日の練習

6/17リリスでのGPを残して演奏会まで最後の練習です。 「ふるさとの四季」から「富山に伝わる三つの民謡」、「ローレライ」を通しで歌いました。 ご指摘を受けた個所を以下にあげます。 ➀[故郷]: 出だしの(うさぎ)の(う)が良くない。母音の響きを横隔膜でつくる。一曲一曲の立ち上がりの音を大切に。 ②[春の小川]:(すみれや)の(れ)が低い、歌う一瞬前に高いという意識をもつ。 ③[鯉のぼり]:(たか

6月3日の練習

本番前3回の練習が今日終わってしまった。後2回で本番になる。先に先生のご指摘以外の音楽以外のところでのお願いをお伝えしたい。 楽譜の角度(本を読むような角度ではなく左手にのせている感じで)。楽譜の紙の音をださない。後奏や前奏、長い間奏でページをめくる動作は必要ありません。どのページを開いておけばよいのか考えておきましょう。先生の指揮の手が下りるまで緊張感(音楽の世界)を保っている、勝手におわらない

Comments


bottom of page