top of page
検索
  • keichiku2001

10月4日の練習

 緊急事態宣言もまん延防止重点措置も解除になり、実に実に半年ぶりに練習再開です。

辻瑞先生が素敵なTシャツ姿でお元気に登場、団員の皆様も喜びを隠しきれない足どりで(マスクでお顔は半分隠れていますが)にこやかに41名集合です。

久しぶりの発声練習、先生に体を使って息を流すを鍛えていただいて、少しずつリリスホールに響きがもどってきました。そして「今日は何も文句いいませんよ!歌うことを存分に楽しみましょう!」とおしゃって、吉田先生の美しいピアノ伴奏に酔いしれながら、ローレライ、峠の我が家、別れ、アニーローリー、埴生の宿を歌いまくりました。ふと団員の皆様を見ると、体が自然に揺れていて、歌うことを心から楽しまれているのを感じました。

富山に伝わる三つの民謡は「越中おわら」と「こきりこ」を同時にうたいださないところのパートの入りを中心に練習しました。

辻瑞先生が福井の出身ということで練習中にお話ししてくださる雪の降り方とか、そういう地元のお話が私には宝物です。

閲覧数:60回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2月12日の練習

[ローレライ]をみっちり練習した後、[富山に伝わる三つの民謡]を通しで歌い大事なポイントを復習しました。 (ローレライ)では、冒頭の「なじかは」の(な)の母音アの立ち上がりがぼやけている。横隔膜をしっかり使って瞬時に(ア)を響かせることを指摘されました。どの歌も立ち上がりがポイントで体のスタンバイから拍子を打った瞬間には母音が響いていることは、これまでも幾度も指摘されていることです。 (峠の我が家

1月29日の練習

「越中おわら」 よがふける から練習に入りました。ここがソプラノにとって発声テクニックとして難しい箇所(チェンジボイス音域の弱音始まり)で絞り出したような声になって全体の出来を下げているところです。しかし今日の練習でここができるようになったことで、他のところにも影響して全体のレベルがまた一段上がった、または下げ幅が低くなったと強く感じました。 弱音発声の克服練習 ①    よの母音オを出しやすい音

1月22日の練習

今日は[富山に伝わる三つの民謡]のうちの(1.越中おわら)と[ローレライ]をみっちり練習しました。 (越中おわら)は歌うこと自体は出来ているが、どういう風にどういう声で歌うかを詰めいてゆきたいということで15pの[夜」(よがふける)を徹底的に掘り下げていただきました。冒頭の(よ)ですが、母音の(オ)で何度も練習しました。何度もこれまでご指摘の➀まっすぐ立って足をしっかり地面をつかんでいる②ブレスの

bottom of page