top of page
検索
  • keichiku2001

11月1日の練習

 富澤先生の発声練習は声を出す前の体の使い方、音のとらえ方指導で、リリスホールに響く声をガラッと変えてしまう魔法の指導力。団員の反応力の高さ、いつも楽しい風景です。

 合唱は「富山に伝わる三つの民謡」の三曲目「むぎや」全19ページのうち13ページと1段も音取りをしました。ページでいうと50ページの1段目までです。とても変化に富んだ曲で驚きました。

 歌詞の雪人形は雪だるまではありませよ。歌詞のうぉーをどう解釈するか、こういう解説に富澤先生の人を歌う気にさせる魅力があります。各パートに現れる3拍分グリッサンドの表現も面白いです。そして先生のアドバイスで急に、特に男声陣が生き生きうまい!と変わったところはジャントコーイのところです。このアドバイスとは。もんやじいさんは誰でしょうか。

 今回は詳しい内容を書かずにおきました。欠席された方はこんな謎を近くの団員とおしゃべりするきっかけにしていただければと。


閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

5月13日の練習

今日はSAKAESAでの練習です。ローレライと富山に伝わる三つの民謡を練習しました。 ローレライ:冒頭の(なじかは)の(な):何回も言われているように日本語の(な)になっている。Na:拍の直前に子音Nを発し母音aを響かせる。心の時計のテンポ感も気をつけて。(1題目、しーらねーど、2題目。おーとめーの)(ねーど)(めーの)はポルタメントでひきずるのは無し。ブレスの間に音が切れないように、(はーゆるー

5月6日の練習

本日の練習は公会堂リハーサル室でした。いつもの練習場所と違うので焦ったという声がちらほら聞こえました。 発声練習では練習会場が違うと響き方も異なり、この部屋を鳴らせてないとご指摘があり、基本の横隔膜を叩いて発音してその声を喉でおすのではなく息をおくって空間に響かせていく意識で練習すると、すぐさま固い声から優しい音色に変わり団員の声がまとまり部屋も鳴り出しました。 「ふるさとの四季」を通しての評価

4月22日の練習

プラザホールでの1か月ぶりの練習です。[ふるさとの四季]の歌から、[富山に伝わる三つの民謡]、[アニーローリー]と演奏会プログラムの全曲を部分部分の修正をやりながら歌いました。 [ふるさとの四季]では、一つ一つの歌にそれぞれ性格があり、こういうところを聴いてほしいという思いをもっと強く、やりすぎにちかいところまで出したいとの講評がありました。 個別には【春の小川】は冒頭の(はーるの)の春が感じられ

Comments


bottom of page