top of page
検索
  • keichiku2001

11月16日の練習

岩河三郎作曲 富山に伝わる三つの民謡1「越中おわら」を最後まで合唱しました。

練習内容

・のっぺりした音楽にならないように

(手を使って1拍ずつ回転するようなテンポ感で練習)

・ 言葉の発音の違いや短い音で響きを失わないように(歌詞をホにかえて練習)

・ 意志のない音にならないように(横隔膜の動きを確認しながらの練習)

・ ppや低い音の響きの作り方(ピアノの音と共鳴させる、床の響きを使う練習)

・ fの作り方(音の広がりとしての息の送り方練習)

・ 同じメロディーを覚える練習

・ 9~10ページのテノール主旋律と他のスタッカートパートのかけあい練習

・ 歌い上げる練習(17~18ページ)pp→p→mp→mf→f→ff

感想

リリスホール客席練習は距離が十分とれ、響きもよくて、富澤先生の言われていることを 実現できた時の響きはゾクッとするような美しさでした。 また最初の男声と女声の入りが異なり、強弱も異なるところを、先生は色々な風が吹いて風が渦を巻いているような様子を表現したいとおしゃって、音符が音楽に変わった瞬間でした。

次回は2「こきりこ」の練習になります。

閲覧数:65回0件のコメント

最新記事

すべて表示

5月13日の練習

今日はSAKAESAでの練習です。ローレライと富山に伝わる三つの民謡を練習しました。 ローレライ:冒頭の(なじかは)の(な):何回も言われているように日本語の(な)になっている。Na:拍の直前に子音Nを発し母音aを響かせる。心の時計のテンポ感も気をつけて。(1題目、しーらねーど、2題目。おーとめーの)(ねーど)(めーの)はポルタメントでひきずるのは無し。ブレスの間に音が切れないように、(はーゆるー

5月6日の練習

本日の練習は公会堂リハーサル室でした。いつもの練習場所と違うので焦ったという声がちらほら聞こえました。 発声練習では練習会場が違うと響き方も異なり、この部屋を鳴らせてないとご指摘があり、基本の横隔膜を叩いて発音してその声を喉でおすのではなく息をおくって空間に響かせていく意識で練習すると、すぐさま固い声から優しい音色に変わり団員の声がまとまり部屋も鳴り出しました。 「ふるさとの四季」を通しての評価

4月22日の練習

プラザホールでの1か月ぶりの練習です。[ふるさとの四季]の歌から、[富山に伝わる三つの民謡]、[アニーローリー]と演奏会プログラムの全曲を部分部分の修正をやりながら歌いました。 [ふるさとの四季]では、一つ一つの歌にそれぞれ性格があり、こういうところを聴いてほしいという思いをもっと強く、やりすぎにちかいところまで出したいとの講評がありました。 個別には【春の小川】は冒頭の(はーるの)の春が感じられ

Comments


bottom of page