top of page
検索
  • isamumaekawa

11月20日の練習

約一か月ぶりのプラザホールでの練習です。【むぎや】を徹底的に練習しました。

富澤先生のご指導の主要点は以下のとおりです。


 出だしの「ながいふゆが」のNaが準備されないで出てきている。横隔膜を準備して、ブレス、横隔膜をぱーんと打ってNaで母音aを響かせる。この音を出そうとしている勝負の顔、表情が欲しい。

 40p2小節目からの「へいけのおちゅうどもんやじいさんが」については、8分音符そのままで聞く人に聞こえたらまずい。「へいけの」「おちゅうど」「もんやじいさん」は音符ではなく言葉単位で歌う。このことばに源平の昔のイメージがありありとよみがえる表現が欲しい。41pの4小節目、5小節目「イナー」は十分な息をもって、途中で切れてしまわないように。「ウォウォ」は「イナー,アイナー」のもんやじいさんの歌声とそのこだまに対して大自然の音のようなもの、横隔膜をしっかり使ってo母音を発声する。この掛け合いで春がやってくる。「はるだはるだ」は2回繰り返されている。もんやじいさんが連れてきた春だという心の浮き立つ表現が欲しい。この「へいけの」から45pの3小節目まではエネルギッシュに最高の声と響きで歌ってほしい。

「ジャントコーイ」「ジャントコイ」は横隔膜を使って腹で支えて歌うこと、

46pの「むーぎーーや」から49pのコーダまでは、自分に最も気持ちの良い発声で存分に歌う。ソルフェージュ的なあるいは発声的な完成度よりも生命力のあふれた歌であってほしい。

50pの5小節目からからは、一転くっきりした発声が求められる。「もんやじいさんの」

はポンポンポンと横隔膜の反応で体を使って歌う。

55pのコーダからは、前半の繊細なハーモニーからダイナミックな響き、民謡調な自由なエネルギーを経て、最後はそれらをすべて含んだ最高の歌になる。56pのMeno mossoの「もんやじいさん」の「Mo」は最高の発声でo母音を響かせることが求めれれる。

合唱のあらゆる要素が詰まった大変な曲であるが、暗譜しろとまではいわないが譜面を離せる程度までに歌いこなせば、この曲の持っている味が十分出せるようになる。


最後に[ふるさとの四季]の【雪】【故郷】をさらいました。

【雪】は腹の動きと舌の動きが連動していないと音の立ち上がりの悪い歌になる。出だしの「ゆーきや」のYuは、準備された横隔膜でu母音を響かせる、その出だしにyを付け、横隔膜で歌ってゆくこと。

【故郷】はたとえば「いかに」を音符のあるところだけ歌うのではなく音符と音符の空間が歌っている時間であることを意識して歌うこと。


『むぎや」を歌うとくたくたになりますね。これを「こきりこ」のレベルまで持ってきたときどんな歌になるのか期待で胸がわくわくします。







閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

5月13日の練習

今日はSAKAESAでの練習です。ローレライと富山に伝わる三つの民謡を練習しました。 ローレライ:冒頭の(なじかは)の(な):何回も言われているように日本語の(な)になっている。Na:拍の直前に子音Nを発し母音aを響かせる。心の時計のテンポ感も気をつけて。(1題目、しーらねーど、2題目。おーとめーの)(ねーど)(めーの)はポルタメントでひきずるのは無し。ブレスの間に音が切れないように、(はーゆるー

5月6日の練習

本日の練習は公会堂リハーサル室でした。いつもの練習場所と違うので焦ったという声がちらほら聞こえました。 発声練習では練習会場が違うと響き方も異なり、この部屋を鳴らせてないとご指摘があり、基本の横隔膜を叩いて発音してその声を喉でおすのではなく息をおくって空間に響かせていく意識で練習すると、すぐさま固い声から優しい音色に変わり団員の声がまとまり部屋も鳴り出しました。 「ふるさとの四季」を通しての評価

4月22日の練習

プラザホールでの1か月ぶりの練習です。[ふるさとの四季]の歌から、[富山に伝わる三つの民謡]、[アニーローリー]と演奏会プログラムの全曲を部分部分の修正をやりながら歌いました。 [ふるさとの四季]では、一つ一つの歌にそれぞれ性格があり、こういうところを聴いてほしいという思いをもっと強く、やりすぎにちかいところまで出したいとの講評がありました。 個別には【春の小川】は冒頭の(はーるの)の春が感じられ

Comments


bottom of page