top of page
検索
  • keichiku2001

12月18日の練習

 冨澤先生が新しく提示してくださった練習方法でアカペラ部分の「故郷」を歌ってみると、自分の音(声)が気持ちを伝える音となって、16小節を歌い終えた時、プラザホールの広い空間に自分の想いを伝えた!音楽した!という満足感でいっぱいになった。

 その時、冨澤先生が「さっきと全然違うじゃないですか!素晴らしい!」と合唱団にお声がけくださり、ピアニストの吉田先生も大きく頷かれていた。


その練習方法は『自分の首の下の胸に手をあてて、その手が自分の心だと思って歌う』

多分、頭の中の実態の無い想いが手という形をもって想いを集中させる事ができた。

首元にある手が高音になると上がりやすい舌根を上がりにくくさせてくれた。

しかしこの練習の前に集中して鍛えられたのは以下の4つです。多分これができればほとんどの問題は解決されると。

① 声を出す前に横隔膜を下げた状態にする。(準備)

② 横隔膜をアタックして発音する。

③ 発音した後の母音の響きを豊かにする。

④ 次の音の準備①ができる


次回の練習が今年の歌いおさめですね!

全曲歌うと先生がおしゃっていましたので3冊お持ちください。

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

5月13日の練習

今日はSAKAESAでの練習です。ローレライと富山に伝わる三つの民謡を練習しました。 ローレライ:冒頭の(なじかは)の(な):何回も言われているように日本語の(な)になっている。Na:拍の直前に子音Nを発し母音aを響かせる。心の時計のテンポ感も気をつけて。(1題目、しーらねーど、2題目。おーとめーの)(ねーど)(めーの)はポルタメントでひきずるのは無し。ブレスの間に音が切れないように、(はーゆるー

5月6日の練習

本日の練習は公会堂リハーサル室でした。いつもの練習場所と違うので焦ったという声がちらほら聞こえました。 発声練習では練習会場が違うと響き方も異なり、この部屋を鳴らせてないとご指摘があり、基本の横隔膜を叩いて発音してその声を喉でおすのではなく息をおくって空間に響かせていく意識で練習すると、すぐさま固い声から優しい音色に変わり団員の声がまとまり部屋も鳴り出しました。 「ふるさとの四季」を通しての評価

4月22日の練習

プラザホールでの1か月ぶりの練習です。[ふるさとの四季]の歌から、[富山に伝わる三つの民謡]、[アニーローリー]と演奏会プログラムの全曲を部分部分の修正をやりながら歌いました。 [ふるさとの四季]では、一つ一つの歌にそれぞれ性格があり、こういうところを聴いてほしいという思いをもっと強く、やりすぎにちかいところまで出したいとの講評がありました。 個別には【春の小川】は冒頭の(はーるの)の春が感じられ

Comments


bottom of page