top of page
検索
  • keichiku2001

12月6日

3曲目「むぎや」を集中的に練習し最後長い前奏から楽譜通りに全曲を通して歌いました。

練習最後に富澤先生が「この曲を味わい尽くしましょう!」とおっしゃいました。

味わう 私は今日の練習でかみしめた部分があり、技術が表現につながるといつもと反対の気持ちも味わいました。富澤先生と一緒だと自分では気が付かなかった楽譜の奥が見えて、気持ちが音楽せずにはいられなくなり、音楽のとりこになっているのがいつもです。

練習内容

長い冬 クレッシェンド デクレッシェンドを2割増しで(sopパートが消えてaltが出る) 

雪人形 pの音量を意思をもってだす(皆の気持ちでこの部分だけ全国大会レベル評価に)

雪がとける 音程を下からとらない練習で一つ一つの音が非常に美しくなり感動でした

ジャントコイ 暗譜で歌えるようにしました(何があってもここは大丈夫作り)

もんやじいさんの 伴奏のリズムにのってワクワク感を、先生がのりを見せてくれました

        1つの音に付けられたスラーの解釈は響きの残った音の処理を

麦や菜種 男声主旋律練習 小人数なのにハーモニーで美しく響いていました(拍手) 

歌え シンコペーション注意

54ページ以降のジャントコイ イレギュラーなリズムの確認と手に横隔膜の動きを感じながらコイコイを練習し、ffをどならないでハリのある音色を得ました

最終音のコイはイーでのばす


岩肌の残雪の雪人形の手が離れる雪解け、ゆ き が と け る この六文字の音の美しさで雪の質も雪の解け方も違ってみえた景色が印象的でした。



閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2月12日の練習

[ローレライ]をみっちり練習した後、[富山に伝わる三つの民謡]を通しで歌い大事なポイントを復習しました。 (ローレライ)では、冒頭の「なじかは」の(な)の母音アの立ち上がりがぼやけている。横隔膜をしっかり使って瞬時に(ア)を響かせることを指摘されました。どの歌も立ち上がりがポイントで体のスタンバイから拍子を打った瞬間には母音が響いていることは、これまでも幾度も指摘されていることです。 (峠の我が家

1月29日の練習

「越中おわら」 よがふける から練習に入りました。ここがソプラノにとって発声テクニックとして難しい箇所(チェンジボイス音域の弱音始まり)で絞り出したような声になって全体の出来を下げているところです。しかし今日の練習でここができるようになったことで、他のところにも影響して全体のレベルがまた一段上がった、または下げ幅が低くなったと強く感じました。 弱音発声の克服練習 ①    よの母音オを出しやすい音

1月22日の練習

今日は[富山に伝わる三つの民謡]のうちの(1.越中おわら)と[ローレライ]をみっちり練習しました。 (越中おわら)は歌うこと自体は出来ているが、どういう風にどういう声で歌うかを詰めいてゆきたいということで15pの[夜」(よがふける)を徹底的に掘り下げていただきました。冒頭の(よ)ですが、母音の(オ)で何度も練習しました。何度もこれまでご指摘の➀まっすぐ立って足をしっかり地面をつかんでいる②ブレスの

bottom of page