top of page
検索
  • isamumaekawa

2月12日の練習

[ローレライ]をみっちり練習した後、[富山に伝わる三つの民謡]を通しで歌い大事なポイントを復習しました。

(ローレライ)では、冒頭の「なじかは」の(な)の母音アの立ち上がりがぼやけている。横隔膜をしっかり使って瞬時に(ア)を響かせることを指摘されました。どの歌も立ち上がりがポイントで体のスタンバイから拍子を打った瞬間には母音が響いていることは、これまでも幾度も指摘されていることです。

(峠の我が家)では、14小節の8分休符までブレスがない。途中の4分音符でブレスを入れてよいが、ぎりぎりまで伸ばして、8分休符にならないように注意です。冒頭の「あのやまを」は遠くの山であることを意識して歌う。「くさのみちうたいながら」の(ら)はアルトパートはファの♭になっている。音程を変えるだけでは不十分で、♭したよと浮かび上がらせることが肝要。

(アニーローリー)では、20小節の男声パート「かぜに」の(か)も母音を響かせそのうえに(ぜに)が乗ってゆく「ぼくをみつめた~」は遠くのあの人に向かっているニュアンスを十分意識してうたう。

(別れ)は横隔膜を使って歌う典型例。冒頭の「さらばさらば」は弱拍に言葉の頭が来ているので(ば)にアクセントを置かないように注意する。「ばさら」と聞こえてしまう。またこの場所はmfですが、つぎの「いつのひにか」はpになっていることに注意する。20小節の「つねに」の(に)は横隔膜効かして歌うこと。

(埴生の宿)では、「おぉ わがやどよ」の感嘆詞(おぉ)は(我が宿)に焦点があるので、(おぉ)のあとがしりすぼみにならないように注意する。

[富山に伝わる三つの民謡]では、25分もかかる全曲をうたうと1.越中おわらは良くなってきた。しかし、そのあとの2.こきりこはアップアップ、3.むぎやはこれがおしまいというように集中力が欠けてきて、これまで注意していた横隔膜で歌うことが続けられなくなっていた。疲れているときほど体のスタンバイ、横隔膜をキープした体を使った発声が大事であると指摘されました。個別には(1.越中おわら)では「よがふける」はこれまでも何回も練習したキーフレーズで1音、1音を大切に歌うことを、(2.こきりこ)では32pのMeno mosso 「つれづれに」の(れ)は音程を下から上げないで音を一つ一つ立てながらかつレガートで、34pの「ルルルルル~」は母音(ウ)を響かせながら、またアルト、バスの「ブン,ブン」はコントラバスのピチカートのように歌うよう指導されました。

歌の勘所はたびたびの先生のご指導で分かりつつありますが、緊張感を保って最後まで歌いきる訓練がまだまだ足りないようです。





閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

5月13日の練習

今日はSAKAESAでの練習です。ローレライと富山に伝わる三つの民謡を練習しました。 ローレライ:冒頭の(なじかは)の(な):何回も言われているように日本語の(な)になっている。Na:拍の直前に子音Nを発し母音aを響かせる。心の時計のテンポ感も気をつけて。(1題目、しーらねーど、2題目。おーとめーの)(ねーど)(めーの)はポルタメントでひきずるのは無し。ブレスの間に音が切れないように、(はーゆるー

5月6日の練習

本日の練習は公会堂リハーサル室でした。いつもの練習場所と違うので焦ったという声がちらほら聞こえました。 発声練習では練習会場が違うと響き方も異なり、この部屋を鳴らせてないとご指摘があり、基本の横隔膜を叩いて発音してその声を喉でおすのではなく息をおくって空間に響かせていく意識で練習すると、すぐさま固い声から優しい音色に変わり団員の声がまとまり部屋も鳴り出しました。 「ふるさとの四季」を通しての評価

4月22日の練習

プラザホールでの1か月ぶりの練習です。[ふるさとの四季]の歌から、[富山に伝わる三つの民謡]、[アニーローリー]と演奏会プログラムの全曲を部分部分の修正をやりながら歌いました。 [ふるさとの四季]では、一つ一つの歌にそれぞれ性格があり、こういうところを聴いてほしいという思いをもっと強く、やりすぎにちかいところまで出したいとの講評がありました。 個別には【春の小川】は冒頭の(はーるの)の春が感じられ

Comments


bottom of page