top of page
検索
  • keichiku2001

2月26日の練習

「こきりこ」「むぎや」「ふるさとの四季」を練習しました。

先生の指揮が止まっておっしゃった代表例を書きます。

①    「指揮者として悲しい」

手が止まったところはP45のジャントコイでした。先生が踊るように体を動かして振っていらっしゃるのに、私達のテンションは変わらずに歌っているからでした。「体の中のエネルギー」と言う言葉を先生が使われましたが、調子悪くて自分に腐っていた私は、頭では指令して笑顔を作って歌っていましたが、心と体は全くついていけてなくて、辛かったです。

②    「音符を歌うのではなく音符と音符の間を歌うのが歌」「一つ一つの言葉を歌うのではなく文章として歌う」

う さ ぎ お い し ⇒うーさーぎーおーいーしー ⇒ 兎追いし 

③    「和音がきこえない」「調の変化が感じられない」

P35ルル ブンブン 1小節目 ラドミの和音が聞こえてこない。 主音ラに対する完全5度のミの響きを捉える。非和声音レで和音の響きを壊さない。 

P36で長調に変わるのに「まどの」Maのあ母音が明るくない。 

コーダで和音が次々に変して最後にたどり着くハ長調の響きが足りない

④    「語頭が低くなっている、下からずれあがってくる音が入っている」

TuReZuRe 前の音より音が上がると思わず高さの違う別々の音を横隔膜を使ってだすと考える

⑤    表現

P35下段は現実の音ではなく、いにしえの人の声が聞こえてくる感じ。窓から今歌っている人の声の認識で。

P56下段リタルダンド アッサイ フェルマーターで終わるその意味をくんだ、ただの明るさだけの表現ではないように。                        

⑥    P33の4,5小節目 アルト「こきりこのうた」の言葉が前に飛ぶように の語頭が下がらないように ラドミの和音の響きで。

テノールのドはアルトの出始めの音と同じ音、アルトと同じ響きで送り続ける。 

バスは2分音符の音価を守る。音程がのばしている間に下がるので半音下行ではなく上行と思って歌う。

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4月8日の練習

今日は「ふるさとの四季」と「富山に伝わる三つの民謡」を歌い、個々のポイントの完成度を高める練習となりました。 「ふるさとの四季」では、[故郷]では、4小節ごとにブレスが入っているが、ここでは歌の流れを止めず、あたかもノンブレスのような大きな響きが欲しい。(うさぎ)も何回も指摘されているところ口先だけで歌わず横隔膜で支えて母音を響かせることを忘れないで。 [春の小川]の冒頭(はーるの)は和音の響き、

4月1日の練習

第2回演奏会のチラシができあがり、団員一人ずつにチラシ6枚とチケット6枚を練習前にお渡ししました。 先生が「無料ではあるけれど、これを持っている人しか入れないプラチナチケットですね」と。価値ある演奏にすべく「ローレライ」「富山に伝わる3つの民謡」の通し練習と部分練習をしました。 指摘されたところを何度か練習すると格段に素敵な演奏に変わる私達、可能性のある私達、なのに1回目にできない私達。 峠の我が

3月25日の練習

2月5日以来のプラザホールでの練習です。しかも、先生の配慮でコロナ流行時と同じように客席から歌うことになりました。広い空間でしかも、ピアノと指揮、歌い手が離れているので以前に口が酸っぱくなるほど指摘された「心の時計」があっていないところがしばしば出てきました。ふるさとの四季の冒頭の(うさぎ)こきりこの冒頭の(ゆきがふる)など一番の基本が出来ていないと歌が壊れてしまいます。 ふるさとの四季を中心に終

Comments


bottom of page