top of page
検索
  • isamumaekawa

2021年度定期総会

7月28日に今年度の定期総会が開かれました。昨年度を振り返ると練習は9月から12月の8回のみでした。年間の2/3は練習中止だったんですね。今年も4月に練習が1回あったのみでこの総会までまん延防止措置のため練習は中止が続いています。カルメンのころの毎週の練習と補習が懐かしいです。

首都圏では緊急事態宣言が終了したのち再び感染者数が増加に転じ、しかもインド株とよばれる、さらに感染力が強く重症化しやすいコロナウイルスが拡大すると専門家は警鐘を鳴らしています。

一方、65歳以上の高齢者は7月一杯でワクチンを完了させるとの政府の言葉を信じれば、ワクチンの接種が収束の決め手とされていますので明るい話題ではあります。私のケースでは、ネット予約がつながらず、電話をかけっぱなしで2時間ぐらいでようやくつながりました。しかし、なんと7月10日と7月31日しか空きがありませんでした。不思議なもので、接種日が近くなるにしたがってコロナ感染への恐怖がより強くなってくるんですね。タッチの差で感染したらトホホですから、手指消毒とマスクがますます大事になってきました。

8月一杯お休みになりましたが、コロナにも熱中症にも負けず、練習再開を待ちましょう。

閲覧数:63回0件のコメント

最新記事

すべて表示

5月13日の練習

今日はSAKAESAでの練習です。ローレライと富山に伝わる三つの民謡を練習しました。 ローレライ:冒頭の(なじかは)の(な):何回も言われているように日本語の(な)になっている。Na:拍の直前に子音Nを発し母音aを響かせる。心の時計のテンポ感も気をつけて。(1題目、しーらねーど、2題目。おーとめーの)(ねーど)(めーの)はポルタメントでひきずるのは無し。ブレスの間に音が切れないように、(はーゆるー

5月6日の練習

本日の練習は公会堂リハーサル室でした。いつもの練習場所と違うので焦ったという声がちらほら聞こえました。 発声練習では練習会場が違うと響き方も異なり、この部屋を鳴らせてないとご指摘があり、基本の横隔膜を叩いて発音してその声を喉でおすのではなく息をおくって空間に響かせていく意識で練習すると、すぐさま固い声から優しい音色に変わり団員の声がまとまり部屋も鳴り出しました。 「ふるさとの四季」を通しての評価

4月22日の練習

プラザホールでの1か月ぶりの練習です。[ふるさとの四季]の歌から、[富山に伝わる三つの民謡]、[アニーローリー]と演奏会プログラムの全曲を部分部分の修正をやりながら歌いました。 [ふるさとの四季]では、一つ一つの歌にそれぞれ性格があり、こういうところを聴いてほしいという思いをもっと強く、やりすぎにちかいところまで出したいとの講評がありました。 個別には【春の小川】は冒頭の(はーるの)の春が感じられ

Comments


bottom of page