top of page
検索
  • isamumaekawa

2023年1月8日の練習

明けましておめでとうございます。富澤先生のご指導で今日は今年の練習初めでした。

「ふるさとの四季」を通しで合唱したのち、各歌の磨き上げに取り掛かりました。

最初が【紅葉】、これまでも常に注意されている「心の時計を絶やさない」ことがハーモニーを作るうえで極めて重要であること、横隔膜からしっかり自分の持つ最高の声を目指して発声するなどの基本を踏まえながら、最終的にはそれらを意識せず歌の情感を歌いあげられるまでに磨き上げが必要です。

その応用で【夏はきぬ】、心の時計を絶やさず、しっかり横隔膜から歌うことで上がり下がりのあるメロディーが生き生きとよみがえりました。

【われは海の子】では、日本語の特徴である子音のあとの母音をはっきり歌い上げることを指摘されました。歌が伸び伸びとしてきます。【村祭】では、太鼓の音の

「Don do don don」は母音のOのみで歌うには横隔膜を振るわせるしか音が出ません。その状態で子音のDの載せるとピアノでも豊かな太鼓の音が表現できました。太鼓の響きと共鳴してるように歌を盛り上げることで、祭りの楽しさ喜びのハーモニーが出来上がりました。

最後に先生より、この歌集はだれでも知っている歌ばかりなので、単に歌うだけではつまらない。一つ一つの歌が独立して情景を作り、徹底的に歌を磨き上げてゆきましょうとの励ましを頂きました。






閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

5月13日の練習

今日はSAKAESAでの練習です。ローレライと富山に伝わる三つの民謡を練習しました。 ローレライ:冒頭の(なじかは)の(な):何回も言われているように日本語の(な)になっている。Na:拍の直前に子音Nを発し母音aを響かせる。心の時計のテンポ感も気をつけて。(1題目、しーらねーど、2題目。おーとめーの)(ねーど)(めーの)はポルタメントでひきずるのは無し。ブレスの間に音が切れないように、(はーゆるー

5月6日の練習

本日の練習は公会堂リハーサル室でした。いつもの練習場所と違うので焦ったという声がちらほら聞こえました。 発声練習では練習会場が違うと響き方も異なり、この部屋を鳴らせてないとご指摘があり、基本の横隔膜を叩いて発音してその声を喉でおすのではなく息をおくって空間に響かせていく意識で練習すると、すぐさま固い声から優しい音色に変わり団員の声がまとまり部屋も鳴り出しました。 「ふるさとの四季」を通しての評価

4月22日の練習

プラザホールでの1か月ぶりの練習です。[ふるさとの四季]の歌から、[富山に伝わる三つの民謡]、[アニーローリー]と演奏会プログラムの全曲を部分部分の修正をやりながら歌いました。 [ふるさとの四季]では、一つ一つの歌にそれぞれ性格があり、こういうところを聴いてほしいという思いをもっと強く、やりすぎにちかいところまで出したいとの講評がありました。 個別には【春の小川】は冒頭の(はーるの)の春が感じられ

Comments


bottom of page