top of page
検索
  • keichiku2001

3月11日の練習

 冨澤先生のお誕生日が間近なので、吉田先生のピアノに合わせてHappy Birthdayを歌い、興津さん制作の寄せ書き色紙をお渡ししました。

そうしましたら「お礼に今まで以上に細かくしつこくやりますよと」と仰って笑いをとりながら、富山に伝わる三つの民謡「越中おわら」から練習に入りました。

①    風吹くなの「な」のクレッシェンド、デクレッシェンドの男女の強弱変化が風が渦巻く様子を描けるように。吹いてほしくない切実な思いを持って。

②    二百十日 大風 単語として伝わるように。八分音符単位として歌ってしまっている。

③    そこ、あそこ、どこ、でもない「ここ」というニュアンスがでていない。

④    2回目の「八尾の風の盆」は語っているように。

⑤    「キタサ」は春が来たの意味だから喜びのニュアンスを。喉声になっているので解決法としてKi Ta Sa横隔膜使用で母音を響かせようとして歌う。

⑥    「立山」「富士山」の3連符正確に、囃子言葉の大した意味のない言葉を重苦しく歌わない。「ん」は下を上の歯の裏につけるだけで発音しなおさない。

⑦    「夜が更ける」Yoだけで静寂な夜を表せる思いを持つ、どのパートも同じ緊張感の音色(パートの音の高低によるテンションの違いをださない)

YoGaFuKeRuは同じ高さの音なのに響きが違ってしまっている。FuからKeに行くときにずり上がった音が聞こえる。横隔膜使用で解決を。

この曲の中でここが一番美しかったとお客様に言わせる演奏にしよう!

O母音の充実⇒Yo⇒Ga⇒Fu⇒Ke⇒Ru そのお母音の同じ響きでそれぞれの母音が歌えるように しかし言葉は立ちあがっているように。

⑧    P19キターーーハル 朗々と歌うところ K母音の響きをだそう!ソプラの高いところは母音だけ歌うのでいいですよ。舌根さげて横隔膜さげて苦しそうな声をださない!

その後「こきりこ」「むぎや」ふるさとの四季の最初から「鯉のぼり」までたっぷり練習しました。

楽しく歌うから、表現する合唱団に栄フロイデは成長しつつあると冨澤先生の熱心なご指導と団員の感性と意欲に幸せを感じます。

閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

7月1日の練習

第2回演奏会を無事に終え、もう第3回演奏会を目指して練習がスタートしました! 団員に新譜、小林秀雄作曲「落葉松」と中田喜直作曲「日本の四季の歌」の2冊を配布しました。 そして10月20日の栄区の合唱発表会にこの曲を発表したいと考えていると富澤先生がおっしゃってP.32「落葉松」から練習に入りました。 先生が「落葉松」をこの合唱団で第一に実現させたいのは4分の4拍子で演奏できること。多くの団体が8分

6月17日の練習

本番と同じホールで豪華なゲネプロを行った。第1回演奏会後のコロナ禍を経ながら今日をむかえたのだ。歌への情熱と歌える環境を作る工夫があって団が存続できたからだ。 この情熱が自分達もお客様も先生も満足できる演奏会になれたらと強く思う。1曲目の兎の「う」のハーモニーを出せるように頑張りましょう!! そしてゲネをした自分の反省を本番までの5日間とりあえず何とかしようと試みたという事実を作って頑張ったという

6月10日の練習

6/17リリスでのGPを残して演奏会まで最後の練習です。 「ふるさとの四季」から「富山に伝わる三つの民謡」、「ローレライ」を通しで歌いました。 ご指摘を受けた個所を以下にあげます。 ➀[故郷]: 出だしの(うさぎ)の(う)が良くない。母音の響きを横隔膜でつくる。一曲一曲の立ち上がりの音を大切に。 ②[春の小川]:(すみれや)の(れ)が低い、歌う一瞬前に高いという意識をもつ。 ③[鯉のぼり]:(たか

Comments


bottom of page