top of page
検索
  • isamumaekawa

3月25日の練習

2月5日以来のプラザホールでの練習です。しかも、先生の配慮でコロナ流行時と同じように客席から歌うことになりました。広い空間でしかも、ピアノと指揮、歌い手が離れているので以前に口が酸っぱくなるほど指摘された「心の時計」があっていないところがしばしば出てきました。ふるさとの四季の冒頭の(うさぎ)こきりこの冒頭の(ゆきがふる)など一番の基本が出来ていないと歌が壊れてしまいます。

ふるさとの四季を中心に終わりの方で富山に伝わる三つの民謡を歌いました。

ここのでの御指摘は、これまで何回もされてきていますが、体が楽をして緊張感が続きません。

➀ 日本語の発音(子音+母音)で母音を響かせる。

  春の小川:(はあるの)の(あ)、紅葉:(あきのゆうひに)の(あ)と(う)は同じ響き、こきりこ:(ゆきがふる)の(ふ)、むぎや:(ながいふゆが)の(ゆ)

② 口先で歌わない。体を使う、横隔膜を使って母音を響かせる。

  村祭り:ドーンドドンドン、むぎや:(ジャーントコイ)の(ジャーン)は母音(アーン)の響きにジをつける。

③ それぞれの歌の心を意識して聞き手に伝える(時々何を歌っているのか見えないときがある)

これ以上何を注文するのかと思えるまでに歌を表現するよう激励されました。





閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4月8日の練習

今日は「ふるさとの四季」と「富山に伝わる三つの民謡」を歌い、個々のポイントの完成度を高める練習となりました。 「ふるさとの四季」では、[故郷]では、4小節ごとにブレスが入っているが、ここでは歌の流れを止めず、あたかもノンブレスのような大きな響きが欲しい。(うさぎ)も何回も指摘されているところ口先だけで歌わず横隔膜で支えて母音を響かせることを忘れないで。 [春の小川]の冒頭(はーるの)は和音の響き、

4月1日の練習

第2回演奏会のチラシができあがり、団員一人ずつにチラシ6枚とチケット6枚を練習前にお渡ししました。 先生が「無料ではあるけれど、これを持っている人しか入れないプラチナチケットですね」と。価値ある演奏にすべく「ローレライ」「富山に伝わる3つの民謡」の通し練習と部分練習をしました。 指摘されたところを何度か練習すると格段に素敵な演奏に変わる私達、可能性のある私達、なのに1回目にできない私達。 峠の我が

3月11日の練習

冨澤先生のお誕生日が間近なので、吉田先生のピアノに合わせてHappy Birthdayを歌い、興津さん制作の寄せ書き色紙をお渡ししました。 そうしましたら「お礼に今まで以上に細かくしつこくやりますよと」と仰って笑いをとりながら、富山に伝わる三つの民謡「越中おわら」から練習に入りました。 ①    風吹くなの「な」のクレッシェンド、デクレッシェンドの男女の強弱変化が風が渦巻く様子を描けるように。吹い

Bình luận


bottom of page