top of page
検索
  • isamumaekawa

3月4日の練習

「富山に伝わる三つの民謡」から1.越中おわらについて、掘り下げて練習を行いました。

冒頭の[祈り]5p~8pは、もっとも大事なパートです。テノールの(かぜふくなー)につき(かぜ)は8分音符+付点8分音符となっているが、軍歌のように強調した歌い方ではなく言葉として自然に歌う。(なー)はたっぷりと歌いデクレッシェンドしてゆく。女声パートと掛け合いで(なー)が繰り返される。(にひゃくとうかの)で(にひゃく)は一つの言葉として3連符に分けずに歌う。(とうかの)の(と:to)は拍の直前に子音tで母音Oをしっかり響かせる。(かぜのぼん)が何回か出てくるが(ん)は舌を上顎につけるだけで発声できる。7p(さあ)は呼びかけ、7p最後から8pの(いのりうたー)は、この部分のクライマックスで、ソリストが客席に向かって胸をそらせて歌い上げるように響かせる。

12pからの(えっちゅうでたてやま~だよ)の歌詞に意味はない。歌い踊る楽しさが表現できれば良い。

15p[夜]の(よがふけるー)は、これまでも幾度も練習してきたフレーズ、完璧な音程と響きを持った(よ:yo)を準備する。8分音符の4連符は、切らずに言葉として歌う。

つぎに2.こきりこを通しで歌いました。とてもよく歌えている。大きな方向性があっている。歌いこんでさらに完成度を高めてゆきたいとのコメントを頂きました。3.むぎやは

途中の(ジャントコーイ ジャントコイ)が弱い。しっかり横隔膜を響かせて力強く歌うこと。

つぎに「ローレライ」を歌いました。

「ローレライ」では1番、2番とうたってきて、最も大事な3番(こぎゆくふなびと)で集中力が途切れている。(こ:ko)を例によって母音oを十分響かせて、感情豊かに歌うこと。

「アニーローリー」では、でだしの(あさつゆひーかる)が漫然と歌っている。キラキラと光っている朝露のイメージを美しく歌い上げる必要がある。男声パートの(かぜにゆれーてた~)は思いっきり素敵に、恋人への想いがあふれ出てくるように歌で表現したい。

「別れ」アンコール曲の「峠の我が家」を歌い、練習を終えました。

それぞれの歌の出だしでの横隔膜を落として準備する基本動作、最初の発音の母音を十分響かせること。そしてその歌のイメージをしっかり表現すること。を改めて確認させられました。

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4月8日の練習

今日は「ふるさとの四季」と「富山に伝わる三つの民謡」を歌い、個々のポイントの完成度を高める練習となりました。 「ふるさとの四季」では、[故郷]では、4小節ごとにブレスが入っているが、ここでは歌の流れを止めず、あたかもノンブレスのような大きな響きが欲しい。(うさぎ)も何回も指摘されているところ口先だけで歌わず横隔膜で支えて母音を響かせることを忘れないで。 [春の小川]の冒頭(はーるの)は和音の響き、

4月1日の練習

第2回演奏会のチラシができあがり、団員一人ずつにチラシ6枚とチケット6枚を練習前にお渡ししました。 先生が「無料ではあるけれど、これを持っている人しか入れないプラチナチケットですね」と。価値ある演奏にすべく「ローレライ」「富山に伝わる3つの民謡」の通し練習と部分練習をしました。 指摘されたところを何度か練習すると格段に素敵な演奏に変わる私達、可能性のある私達、なのに1回目にできない私達。 峠の我が

3月25日の練習

2月5日以来のプラザホールでの練習です。しかも、先生の配慮でコロナ流行時と同じように客席から歌うことになりました。広い空間でしかも、ピアノと指揮、歌い手が離れているので以前に口が酸っぱくなるほど指摘された「心の時計」があっていないところがしばしば出てきました。ふるさとの四季の冒頭の(うさぎ)こきりこの冒頭の(ゆきがふる)など一番の基本が出来ていないと歌が壊れてしまいます。 ふるさとの四季を中心に終

Comments


bottom of page