top of page
検索
  • isamumaekawa

4月10日の練習

「月の沙漠」から練習の開始です。21小節からテノール、バスの主旋律の歌とその間ソプラノとアルトはLu Lu_のハミングです。このハミングのスラーは横隔膜から発声することであたかも砂丘に降り注ぐ月の光のような情景が浮かび上がります。歌い手が情景になりきって歌うことが聞いている人への訴求力になるのですね。この曲は転調が頻繁に出てくるので、つい音を見失いがちですが、富澤先生はそれぞれを一つの曲とその和音として把握するようにアドバイスされました。確実に進歩していって歌に酔える日が待ち遠しいです。後半は「ふるさとの四季」の個々の歌の歌いこみです。「夏は来ぬ」では2小節目の”におうかきねに”に着目され、喉で声を出さず横隔膜のアタックで音程を作り出すことの大切さをじっくりおさらいされました。「夏祭り」のドーンドドンドンも横隔膜のアタックでホールでの響きが全く違ってきます。「紅葉」は、心の時計に合わせて歌うことが常に意識されます。

それぞれの歌をこれからも一つ一つ歌いこんで、素晴らしい歌集に仕上げてゆきましょう。

次回以降もローレライ、ふるさとの四季を継続し、そのあとは「富山に伝わる三つの民謡」もおさらいする予定とのことです。


閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

5月13日の練習

今日はSAKAESAでの練習です。ローレライと富山に伝わる三つの民謡を練習しました。 ローレライ:冒頭の(なじかは)の(な):何回も言われているように日本語の(な)になっている。Na:拍の直前に子音Nを発し母音aを響かせる。心の時計のテンポ感も気をつけて。(1題目、しーらねーど、2題目。おーとめーの)(ねーど)(めーの)はポルタメントでひきずるのは無し。ブレスの間に音が切れないように、(はーゆるー

5月6日の練習

本日の練習は公会堂リハーサル室でした。いつもの練習場所と違うので焦ったという声がちらほら聞こえました。 発声練習では練習会場が違うと響き方も異なり、この部屋を鳴らせてないとご指摘があり、基本の横隔膜を叩いて発音してその声を喉でおすのではなく息をおくって空間に響かせていく意識で練習すると、すぐさま固い声から優しい音色に変わり団員の声がまとまり部屋も鳴り出しました。 「ふるさとの四季」を通しての評価

4月22日の練習

プラザホールでの1か月ぶりの練習です。[ふるさとの四季]の歌から、[富山に伝わる三つの民謡]、[アニーローリー]と演奏会プログラムの全曲を部分部分の修正をやりながら歌いました。 [ふるさとの四季]では、一つ一つの歌にそれぞれ性格があり、こういうところを聴いてほしいという思いをもっと強く、やりすぎにちかいところまで出したいとの講評がありました。 個別には【春の小川】は冒頭の(はーるの)の春が感じられ

댓글


bottom of page