top of page
検索
  • keichiku2001

7月24日の練習

秋の合唱の祭典の私達の出演順が決まったと副代表より発表がありました。

10月22日(日)栄公会堂で12番目!なんと、とりでした!!

演奏時間制限があるので演奏曲「こきりこ」のカットを確認して練習しました。

23ページ1段目カットで2段目の合掌づくりに 26ページ間奏の3、4、5、6小節目カット 30ページ1番かっこをカットして2番かっこにいき 36ページ1段目のD.S.で29ページ2番を歌わず3番に

練習内容

1雪が降るYukigafuru 下線は同じ和音のG音のウ母音で同じ響きを求められる

2相手から音を受け取る、相手に伝えようとする意識が一体感のある音になる

 (雪が降るはすべてのパートがG音の時間差で入る)

3ハ短調から合掌で変ホ長調になる、この和音の違いを聞かせる。

 音の違いではなく調の違い。自然から人工物の違いを。

4デデレコデンdederekoden ほとんど e母音なので

 エ母音の中で発音すると他パートとハーモニーが生まれる

5バス33ページA、Gis,G,Fisの動きはピアノ左手と同じ音、仲間として音を受け取る

6音の低いパートが上のパートを支えてやるという気持ちで歌うと上が歌いやすく豊かな

 響きになる。合唱の祭典がこのハーモニーで終わる。お客様をぞくぞくさせましょう!


文字で表してみるとつまらないけれど、同じ音色の一体感のある響きに感動し、調の違いを一瞬でだせた時に興奮し、短い言葉にもハーモニーが聞こえてきてすごいと思い、なにより団員の皆様の熱い気持ちが伝わってきて歌わずにはいられない。この合唱団に巡り合えて幸せと思う。冨澤先生が今のは意思のあるpだったと褒めてくださった箇所もありました。冨澤先生じゃないけれど、まずは10月の発表まで「どこまでいけるのか」歌いこみ練習が楽しくてしかたないです。


「こきりこ」の後、アニー・ローリーを歌い、特に跳躍している音の下から上の引きずり音がなくなるように手を使って練習しました。

閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

7月1日の練習

第2回演奏会を無事に終え、もう第3回演奏会を目指して練習がスタートしました! 団員に新譜、小林秀雄作曲「落葉松」と中田喜直作曲「日本の四季の歌」の2冊を配布しました。 そして10月20日の栄区の合唱発表会にこの曲を発表したいと考えていると富澤先生がおっしゃってP.32「落葉松」から練習に入りました。 先生が「落葉松」をこの合唱団で第一に実現させたいのは4分の4拍子で演奏できること。多くの団体が8分

6月17日の練習

本番と同じホールで豪華なゲネプロを行った。第1回演奏会後のコロナ禍を経ながら今日をむかえたのだ。歌への情熱と歌える環境を作る工夫があって団が存続できたからだ。 この情熱が自分達もお客様も先生も満足できる演奏会になれたらと強く思う。1曲目の兎の「う」のハーモニーを出せるように頑張りましょう!! そしてゲネをした自分の反省を本番までの5日間とりあえず何とかしようと試みたという事実を作って頑張ったという

6月10日の練習

6/17リリスでのGPを残して演奏会まで最後の練習です。 「ふるさとの四季」から「富山に伝わる三つの民謡」、「ローレライ」を通しで歌いました。 ご指摘を受けた個所を以下にあげます。 ➀[故郷]: 出だしの(うさぎ)の(う)が良くない。母音の響きを横隔膜でつくる。一曲一曲の立ち上がりの音を大切に。 ②[春の小川]:(すみれや)の(れ)が低い、歌う一瞬前に高いという意識をもつ。 ③[鯉のぼり]:(たか

Comments


bottom of page