top of page
検索
  • keichiku2001

7月25日の練習

コロナ感染者一日20万人越え報道の中、フロイデの練習参加人数の減少はなかった。歌いたいという強い気持ちの集団なのだと再確認した形となった。そうは言っても、感染状況、医療状況、政府や行政の対応を鑑みながら、当合唱団の練習可否基準を検討せざるをえない状況なので8月中頃に運営委員会を開き、次回練習日の8月22日の一週間前には皆様に練習の可否を伝えられると思います。

 練習は源田先生編曲の「朧月夜」をメインに「こきりこ」の通し練とポイント練でした。

「朧月夜]

①母音の響きをそろえる。例里わsa to wa(それだけで共鳴する美しい合唱になりました)

②和音の変化を意識して歌いそれを聴こうとして歌う

 例はるかぜの「か」の和音は原曲では長調の和音だが編曲者が短調の響きで作っている

 みればの「みれ」の和音も男声パートの役割で短調の響きに

 先生が原曲との違いをピアノで味合わせてくれて、それを意識して出そう、聞こうとす        

 るだけで合唱団に大人の響きが生まれました。

③音の取り方、響きの作り方

 「はる」のバスF音の1オクターブ上がアルトの風の「か」なのでアルトはそれを意識

 「か」ソプラノはテノールD音の1オクターブ上の響きとして意識

 「か」テノールD音とバスH音の3度の響き意識

  共鳴して響きが整いました。

④音の焦点位置

 発声練習でも富澤先生がおしゃっていましたが特に高い音に行くとき焦点位置が上がっ 

 てしまい、ずりあがりが音が気になると。焦点位置は同じで同じ放物線で声をだす。

⑤フェルマータは2番のみで


「こきりこ」

通して演奏後「この曲を楽しめる力はついてきているから『いつも心の時計の不揃いを指摘されないように〛その先をいけるように!!心の時計はどの曲でもベースです!!!と」

31ページPiu mosso ピアノ左手の繰り返しリズムを共有してほしい。(時計)

冒頭雪が降るの雪が降っているのを感じさせる歌を!

先生が色々言ってくださって色々試してみて、私自身は降るのウ母音の中からしんしんが生まれるように歌ってみたらとても自然にとてもひそやかな音が生まれ、気が付くと合唱団のしんしんのボリュームが下がって、怖いくらいの静けさが生まれて一瞬鳥肌がたった。

こんなことができる可能性のある合唱団!先生が上昇気流にのってきている栄フロイデコール、遠慮なく歌っていきましょう!と。本当に練習したい!先の景色がみたいでありました。

閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

6月17日の練習

本番と同じホールで豪華なゲネプロを行った。第1回演奏会後のコロナ禍を経ながら今日をむかえたのだ。歌への情熱と歌える環境を作る工夫があって団が存続できたからだ。 この情熱が自分達もお客様も先生も満足できる演奏会になれたらと強く思う。1曲目の兎の「う」のハーモニーを出せるように頑張りましょう!! そしてゲネをした自分の反省を本番までの5日間とりあえず何とかしようと試みたという事実を作って頑張ったという

6月10日の練習

6/17リリスでのGPを残して演奏会まで最後の練習です。 「ふるさとの四季」から「富山に伝わる三つの民謡」、「ローレライ」を通しで歌いました。 ご指摘を受けた個所を以下にあげます。 ➀[故郷]: 出だしの(うさぎ)の(う)が良くない。母音の響きを横隔膜でつくる。一曲一曲の立ち上がりの音を大切に。 ②[春の小川]:(すみれや)の(れ)が低い、歌う一瞬前に高いという意識をもつ。 ③[鯉のぼり]:(たか

6月3日の練習

本番前3回の練習が今日終わってしまった。後2回で本番になる。先に先生のご指摘以外の音楽以外のところでのお願いをお伝えしたい。 楽譜の角度(本を読むような角度ではなく左手にのせている感じで)。楽譜の紙の音をださない。後奏や前奏、長い間奏でページをめくる動作は必要ありません。どのページを開いておけばよいのか考えておきましょう。先生の指揮の手が下りるまで緊張感(音楽の世界)を保っている、勝手におわらない

Comments


bottom of page