top of page
検索
  • keichiku2001

8月28日の練習

練習からの帰り道、心も体も弾んでいた。

今までの練習の蓄積から、突然見たことのない景色が見えたからだ。

きっかけは細かい練習の後、冨澤先生が「指揮者はまとめるために方向性を言っているだけで皆さんがアーティストとして指揮者の先を自分で歌わないとただのピアノになってしまう」そう言ってピアニストの吉田先生に「強く弾いて、弱く弾いて、好きな和音弾いて」と指示されたように弾いてくださり「ピアノは素晴らしい音がだせるけど、自分では音がだせない、誰でも音は出せるけど、音楽はそのアーティストからしか生まれない」

発声とか発音とか音程とか歌詞とか作曲の解釈とかを超えた、栄フロイデコールの音楽を作る練習が一人一人の中に生まれたのかなと、今まで聞いたことのない響きに戦慄したしだいです。

【こきりこ指導ポイント】

① オンタイムは言葉の母音

② ①の母音の響きを豊かにするために息を送る

③ 「ん」の発音は舌を上あごにつけるだけ

④ 歌詞「ゆき」をなにげなく歌わないP22ゆきのG音とふりのG音の作曲の意味

⑤ ほとんどソプラノパートは輪郭線、グラデーションを作って立体的にするのが下のパー    

  トの役目

⑥ P26フェルマーターの入りはインテンポで切り方を口で止めないで横隔膜を意識して響 

  きを残して、ピアノの音が聞こえてくるていで

⑦ P27の響きの中心はラドミのミ 自然倍音の5度の響の意味

⑧ 「ためいきの」ため息をいれよう

⑨ P34の1小節目のレファラの短三和音から2小節目のレファシャープラの長三和音に

  変わったこの切なさを感じて

⑩ P34から4,5,6,7小節目をお客さんとして聞いてはダメ、自分の心のうめきと

  して演出して

⑪ P35は現実に聞こえる音を表現しているのではなく幻の何かが聞こえてくる

  古から現代までの歌い継がれてきた時間空間も表してP36で現実の音に

閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

5月13日の練習

今日はSAKAESAでの練習です。ローレライと富山に伝わる三つの民謡を練習しました。 ローレライ:冒頭の(なじかは)の(な):何回も言われているように日本語の(な)になっている。Na:拍の直前に子音Nを発し母音aを響かせる。心の時計のテンポ感も気をつけて。(1題目、しーらねーど、2題目。おーとめーの)(ねーど)(めーの)はポルタメントでひきずるのは無し。ブレスの間に音が切れないように、(はーゆるー

5月6日の練習

本日の練習は公会堂リハーサル室でした。いつもの練習場所と違うので焦ったという声がちらほら聞こえました。 発声練習では練習会場が違うと響き方も異なり、この部屋を鳴らせてないとご指摘があり、基本の横隔膜を叩いて発音してその声を喉でおすのではなく息をおくって空間に響かせていく意識で練習すると、すぐさま固い声から優しい音色に変わり団員の声がまとまり部屋も鳴り出しました。 「ふるさとの四季」を通しての評価

4月22日の練習

プラザホールでの1か月ぶりの練習です。[ふるさとの四季]の歌から、[富山に伝わる三つの民謡]、[アニーローリー]と演奏会プログラムの全曲を部分部分の修正をやりながら歌いました。 [ふるさとの四季]では、一つ一つの歌にそれぞれ性格があり、こういうところを聴いてほしいという思いをもっと強く、やりすぎにちかいところまで出したいとの講評がありました。 個別には【春の小川】は冒頭の(はーるの)の春が感じられ

Comentários


bottom of page