top of page
検索
  • isamumaekawa

9月10日の練習

富澤先生は声は出せるが歌えないとのことで急遽、辻端先生が久しぶりに登場されました。歌の練習に入る前に、スース―と歯の間から音を出して腹を引っ込める運動、驚いた顔を作って喉の奥を広げて深い音を出す訓練、イやウは音がつぶれやすいのでソバをすする感覚で深い音を出す訓練等をしました。

富山に伝わる三つの民謡「2 こきりこ」から練習に入りました。主旋律がルルで歌われる場所では、全体がスラーになっているので細切れのルにならないように指導されました。

「ローレライ」では、ローレライ、峠の我が家を歌いました。

特に峠の我が家では、いわゆる「心の時計」が乱れた歌唱になっていたため、6/8拍子を2拍子のリズムとして歌を載せるようにアドバイスされました。

「ふるさとの四季」を一通り歌い通してから、個別には[村祭り]の221小節からの終局までのクレッシェンド、sf、クレッシェンド、クレッシェンド、ffをメリハリをつけて歌う練習をしました。最後に再び「ローレライ」から「アニーローリー」、「別れ」を歌いこの日の練習を終わりました。自分の練習不足を棚に上げて練習日が足りないと言ってはいけないのは承知の上ですが、やはり月2回の練習では日頃の富澤先生の注意事項がなかなか徹底されなくて進歩がないことを痛感しました。

閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

5月13日の練習

今日はSAKAESAでの練習です。ローレライと富山に伝わる三つの民謡を練習しました。 ローレライ:冒頭の(なじかは)の(な):何回も言われているように日本語の(な)になっている。Na:拍の直前に子音Nを発し母音aを響かせる。心の時計のテンポ感も気をつけて。(1題目、しーらねーど、2題目。おーとめーの)(ねーど)(めーの)はポルタメントでひきずるのは無し。ブレスの間に音が切れないように、(はーゆるー

5月6日の練習

本日の練習は公会堂リハーサル室でした。いつもの練習場所と違うので焦ったという声がちらほら聞こえました。 発声練習では練習会場が違うと響き方も異なり、この部屋を鳴らせてないとご指摘があり、基本の横隔膜を叩いて発音してその声を喉でおすのではなく息をおくって空間に響かせていく意識で練習すると、すぐさま固い声から優しい音色に変わり団員の声がまとまり部屋も鳴り出しました。 「ふるさとの四季」を通しての評価

4月22日の練習

プラザホールでの1か月ぶりの練習です。[ふるさとの四季]の歌から、[富山に伝わる三つの民謡]、[アニーローリー]と演奏会プログラムの全曲を部分部分の修正をやりながら歌いました。 [ふるさとの四季]では、一つ一つの歌にそれぞれ性格があり、こういうところを聴いてほしいという思いをもっと強く、やりすぎにちかいところまで出したいとの講評がありました。 個別には【春の小川】は冒頭の(はーるの)の春が感じられ

Comments


bottom of page