top of page
検索
  • keichiku2001

9月26日の練習

 富澤先生が栄フロイデに期待してくださり、発声練習時の内容がレベルアップしたのが嬉しくてならない。前々回の発声練習から倍音の響きを聴くように、聞けるように工夫してご指導してくださり、音質がそろって透明感があり、更に上品な美しい響きのある歌声がホールに鳴っています。この響きで合唱曲も歌いきることができる合唱団になれる日を目指して、練習に励みたいと思いました。

練習内容

【故郷】指揮者の拍を見て歌うのではなく、同じビートを自分で自分の心に打って歌う

【春の小川】Uh 胸板を使って歌う。36小節から4小節はソプラノとバスのハーモニー

      アルトとテノールのハーモニーと意識して歌う   

【朧月夜】出だしの3拍目(上に上る拍)としての入りを決める

     60小節のフェルマーターは2番のみ

【鯉のぼり】追加3番の「たちばな」から4小節は斉唱で。 訂正リズムの確認

【茶摘】伴奏ツチャーチャにのせて体が上にのびあがる2拍子をとって歌う

    100小節からの男声は先行パートの誘いに呼ばれて同じテンションで歌う

【夏は来ぬ】アルトのD音がハーモニーの中心と思って歌う

     男声2段目2小節目頭に女声のD音からの流れとして「しのび」に入る

     最後「なつはきぬ」の歌いたい音量をイメージして前のクレッシェンドを作る

【われは海の子】歌詞の区切りは 我は海の子/白波のさわぐ なので白波のを長めに

        145小節目の女声は男声と同じテンションで

        150小節目からテノールはドとラ(C.A)アルトはファ(F)を中心に据   

        えて声をだす。

    戦後この歌が教科書から消えようとしていたいきさつなども興味深かったです。


次回も「ふるさとの四季」の続をやりますので、他の楽譜はこの曲が終わるまで持参しなくてよいとのことでした。


閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

5月13日の練習

今日はSAKAESAでの練習です。ローレライと富山に伝わる三つの民謡を練習しました。 ローレライ:冒頭の(なじかは)の(な):何回も言われているように日本語の(な)になっている。Na:拍の直前に子音Nを発し母音aを響かせる。心の時計のテンポ感も気をつけて。(1題目、しーらねーど、2題目。おーとめーの)(ねーど)(めーの)はポルタメントでひきずるのは無し。ブレスの間に音が切れないように、(はーゆるー

5月6日の練習

本日の練習は公会堂リハーサル室でした。いつもの練習場所と違うので焦ったという声がちらほら聞こえました。 発声練習では練習会場が違うと響き方も異なり、この部屋を鳴らせてないとご指摘があり、基本の横隔膜を叩いて発音してその声を喉でおすのではなく息をおくって空間に響かせていく意識で練習すると、すぐさま固い声から優しい音色に変わり団員の声がまとまり部屋も鳴り出しました。 「ふるさとの四季」を通しての評価

4月22日の練習

プラザホールでの1か月ぶりの練習です。[ふるさとの四季]の歌から、[富山に伝わる三つの民謡]、[アニーローリー]と演奏会プログラムの全曲を部分部分の修正をやりながら歌いました。 [ふるさとの四季]では、一つ一つの歌にそれぞれ性格があり、こういうところを聴いてほしいという思いをもっと強く、やりすぎにちかいところまで出したいとの講評がありました。 個別には【春の小川】は冒頭の(はーるの)の春が感じられ

תגובות


bottom of page